行動を実行に移すための4つの簡単な計画の立て方

どうも!
林です。

本日は具体的な計画の立て方について書いていきたいと思います。

いくら、知識をインプットしたところで、
行動ができなければ絵空事に終わってしまいます。

あなたの叶えたい夢を現実化するには
行動が必要不可欠です。

ところが、完璧な計画を立ててみたものの、
計画倒れしたことはありませんか?

僕は結構、計画倒れしていたので、
行動することがとても憂鬱な時もありました。

ですが、そのままでは叶えたい夢なんていつまで経っても叶うはずがありません。

僕が新しく取り入れて計画の立て方ですが、
計画通りに行動できるようになりますので
ぜひ、参考にしてみてください。

1.計画の立て方を体系的に学んだことはありますか?

今まで、計画というのを立て方を学んだことはありますか?
大抵は学校が多いかと思いますが、
僕は学校では計画の立て方に
ついて学んだ記憶がありません(笑。

あとよくある、
計画術や自己啓発には、
『目標を高く設定しよう!』
とか、
『自分の可能性は無限大だ!』
『やれば何でも出来る!』
と言ったことは自己啓発のセミナーで参加された方は言われたことはありませんか?

僕はとあるセミナーで葉書サイズの背景を真っ赤にして100万円と書かれた
のを毎日、朝起きた時と寝る前に見ることで潜在意識に刷り込まれて
目標を達成しやすくなると言われました。

結果、全く効果なし!笑

しかも、僕はポジティブ思考じゃなく
ネガティブな思考の方が強い方です。

そんな僕がポジティブ思考を持てと言われても、
プラスのネジ穴に
マイナスドライバーで回しているようなもので精神がすり減りただキツイだけでした。

こういった類は要注意です。

計画を立てる前に以下の3つの落とし前にハマらないように気をつけましょう。

a.無理な計画を立てない
b.ポジティブ思考すぎない
c.自分に厳しくしすぎない

2.計画を立てる前の儀式

計画は朝、脳が冴えている時間にすると良いです。

計画を立てる前にまずは簡単な儀式をすると良いです。

運動を3分くらい軽くする
ストレスに耐えやすくなります。
HIIT(ヒット)という運動がありますが、
かなりキツイです笑
HIIT(ヒット)についてもっとお知りになりたい方はネットで検索してみてください。

僕の場合は30分ジョギングをしています。

次に
瞑想を五分間入れる。
瞑想をすることで、
イメージがしやすくなります。

計画を立てる上で大切なことはイメージです。

3.計画を実行に移すために必要な4つのキーワード

では、
ここから具体的な計画の立て方に入ります。

WOOP
という具体的な計画の立て方をご紹介します。

Wish(願い・願望)
Outcome(結果・成果)
Obstacle(障害)
Plan(計画)

の頭文字をとってWOOPと言います。

計画にかける時間は15分前後で終わるようにしてください。

Wish(願い・願望)
願望を書きます。

例えば、
・毎月100万円欲しい
・体重を10キロ落として69キロにしたい
・人間関係をスムーズに良好にしたい
など。

Outcome(結果・成果)
願望が叶った暁にはこんな未来が待っている

・毎月、旅行ができる。
・外見的に自信が持てる。
・ストレスフリーな生活を送れる
など。

想像するだけでワクワクするようなことを
書いていきましょう。

ここまではよく自己啓発などで言われるやり方です。

Obstacle(障害)
行動をしていく中で、
障害となることを書いていきます。

例えば、
・朝起きるのが苦手でダラダラしがち。
・疲れたらついついアニメを見てしまった。
など、計画倒れになるようなことを書き出します。

書き出したら、
その状況をイメージしてください。
イメージをして原因を探っていきます。

Plan(計画)
計画というのは
ノルマを立てる
To do list
ではありません。
むしろ、これらを立てると行動をしにくくなるという結果も出ているので、やらないようにしましょう。

では、具体的に計画というのは
どうゆうことかと言いますと、

僕の場合を書いていきます。

朝起きたらKindleを開き脳が醒めるまで読書をする。
そのあと、顔を洗ってサプリを飲み
トイレをして筋トレをしたあと
森林が溢れた公園を散歩しに行きます。

それから、シャワーを浴びて計画を立てて、読書をして軽く仮眠を取り。
ご飯を食べます。

午前終了

午後からは仕事を、
AをやったらBをやり、、、

ってな感じで具体的に書いて行きます。
具体的に行動できるように書いていくのがポイントです。

人間の脳は具体的に行動できないことに対しては
どう処理していいのか分からず普段、行動していくることに流れやすくなります。

一番、身近な場合は漫画を読んだりテレビを見たり
ページを開けば読める
ボタン1つで観れる
非常に簡単な方に流されやすいのです。

だから、具体的に行動できるように書く必要があります。

人は易きに流れやすいのです!!

特に意思力の弱い僕には、超具体的に行動を書くのが最適なのです。

最初のうちは、
朝起きたら真上にあるKindleをもって右手で持ってという具合に動作レベルで書いてみるのも良いです。

まとめ

計画倒れする3つの落とし穴
a.無理な計画を立てない
b.ポジティブ思考すぎない
c.自分に厳しくしすぎない

計画を立てる前の簡単な儀式
短い激しい運動
五分間の瞑想

行動できるようになるWOOP計画術

Wish(願望)
Outcome (結果)
Obstacle(障害)
Plan(計画)

ぜひ、参考にしてみてください(^ ^)!

動画でも解説しているので良かったらご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です