確実に読まれる3つのWebライティングスキル

webライティング スキル

ほわんもかです。

最近思うのですが、こうしてブログ記事を書いていると
いっぱい読まれたいと思いが強くなって来ます。

こんなにいいこと書いたんだから読んでくれるでしょ!

「もっと読んで!」と記事を書いていると思いが強くなってしまいませんか?

でも、ちょっと待ってください!
その記事は誰に向けて書いてますか?
ちゃんと読んで欲しい人に読んでもらえていますか?

先日、渋谷に行ったらすごい人を発見しました。

渋谷のスクランブル交差点で


















『私と結婚してください』

と叫んでも誰も振り向いてくれません。
実際30分以上経っても、誰も振り向くことはしていませんでした。
渋谷スクランブル

逆に

『髪が長くて肉付きがよくて30代前半の女性がタイプなので、ぜひ仲良くしてくれませんか?』

と言えば自覚している人はもしかしたら、確実に振り向いてくれると思います。
美女

ブログ記事を書く前に
ただ思いついたことを書くのか?
こうゆう人に読まれたいと書くのか?

どう意識するかでまるで結果が違ってきますよ・・・

記事を書く上での基本中の基本を紹介していきます。
・一途な人がやっぱりモテる
・タイトルは命がけ
・分厚く中身は濃いのが好きなの
ということで何のこっちゃ?
って思いますよね・・・
(本日の記事のテイストはこんな感じです。)

では具体的に見ていきます。

一途な人がやっぱりモテる

伝えることは一つだけ!

「あなたが好きだー!!」

「あなたが好きだー」

「だぁだぁーー・・・」

 

何度も同じことを言われたら印象に残っちゃいますよね。

伝えることは一つだけワンメッセージで、テーマは一つです!

タイトルは命がけ

はじめてあなたの記事を読む時に1番に目がいくのは、

タイトルです。

つまり、タイトルに何のインパクトもなければスルーされるし、
ちょっとだけ気になれば一瞬、目が止まる。

気になればクリックされます。
タイトルは記事を読んでもらえるための
トリガーなので、しっかりと考えていきたいところです。

分厚く中身は濃いのが好きなの

タイトルが気になりクリックされ記事の内容を読んでみたら中身がペラペラだと
「騙されたーー!」
となります。
そのあとに続くアクションにも繋がりません。

だから、記事はしっかり調べていき自分の中で落とし込み理解できたコンテンツを提供していくのが理想です。

僕も上手く伝えられてないけど、こんなに時間をかけて書いたからいっか!
と思った記事をアップしたことがありますが、中々、読まれません。

だから後で編集を加えたりします。

読む人には人生の質が上がる勢いで記事を書いてあげることが濃厚な読み応えのある記事になると思ってます。

ぜひ、読んだ人の人生の質が上がるつもり記事を書いてみてください。
あなたの人生の質も間違いなく上がりますよ〜!!

webライティング スキル

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です